2014年03月28日

diptyque(ディプティック)キャンドル+香りのオーバルセット

こんにちはグッド(上向き矢印)
きなこですかわいい

今日は先日からお取り扱いを開始した、

「diptyque キャンドル+香りのオーバルセット」

についてご紹介します手(チョキ)

セット名の通り、定番人気の「キャンドル(190g)」と
吊すだけで香りが楽しめる「香りのオーバル」が
セットになっていますひらめき

ラグジュアリー感が漂う、
シックな黒いボックスに納められていますぴかぴか(新しい)

香りは「BAIES(べ)」と「FIGUIER(フィギエ)」の2種。
どちらも男女ともに人気の高い香りですひらめき


【BAIES】

■フルーティ
一抱えのカシスの葉とバラの花束の香り。
140328ph1.jpg

【FIGUIER】

■フルーティ、ウッディ、グリーン
イチジクの葉の木の温かみ、
葉のさわやかさ、ミルキーな樹液。
140328ph2.jpg
男女問わず人気でインテリア性が高い、
「diptyque キャンドル+香りのオーバルセット」は
とっておきのギフトや新生活におすすめですぴかぴか(新しい)

140328ph3.jpg
詳細はこちら>>
posted by GPP at 17:10 | Comment(0) | きなこ日記

2014年03月26日

春爛漫!笑顔こぼれるカラフルなギフトセット

こんにちは、ギャルですぴかぴか(新しい)


あたたかくなりましたね〜かわいい

東京の桜の開花宣言は、 靖国神社の境内にある基準木の桜(ソメイヨシノ)が
5〜6輪咲いたときに気象庁から「開花宣言」が発表されます。

昨日の25日、めでたく桜の開花宣言が発表されましたかわいいかわいい

001l.jpg
ぴかぴか(新しい)【東京タワー】桜の開花を記念して行われる、一夜限定のライトアップぴかぴか(新しい)
「さくら開花ピンクダイヤモンドヴェール」(C)TOKYO TOWER


いよいよ春本番!
これから1〜2週間は、大好きな花見にいそしみたいと思いますヽ(=´▽`=)ノビールかわいい




そんな、うっきうきの春にぴったりの
カラフルなギフトセットが登場しましたひらめき

giftset.jpg
カンパニー ド プロバンス マルセイユリキッドソープ&ハンドクリームギフトセット
価格:3,000円+税


ピンク(ローズ)グリーン(バーベナ)の配色が、
まさに春!といったカラーリングるんるん
イラストもキュートで、見ているだけで楽しくなりますわーい(嬉しい顔)


マルセイユリキッドソープは、全身にお使いいただける液体石けん。
植物性成分を主原料にしており、肌に優しく、しっとりとした洗い心地です。

プラスチック製容器なので、浴室などのすべりやすい場所での使用も安心いい気分(温泉)

小さなお子様がいるご家庭へのギフトにもおすすめですプレゼントぴかぴか(新しい)


C40320A.jpg
>> カンパニー ド プロバンス ギフトセット
posted by GPP at 18:10 | Comment(0) | ギャル日記

2014年03月25日

門出の季節の贈り物に♪『パニエデサンス エッセンシャルズ ベジタブルソープ ローズ』

こんにちは!さくらでするんるん

肌を切る冷たさが身をひそめ、ようやく
あたたかな季節がやってきました晴れ

あまりの冬の寒さに毎日『冬眠したい・・・雪
などと思っていた私ですが、
近頃は一転して元気に生活していますぴかぴか(新しい)

4月も近づき、入学や卒業など
節目となる行事が多いこの季節。
贈り物をする機会も増えますよね。

今回はGPPマニアの私がヘビロテする、
ギフトにおすすめの素敵なアイテム
ご紹介したいと思います手(グー)

『Panier des Sens(パニエデサンス)
 エッセンシャルズ ベジタブルソープ ローズ』


l_08701002.png

美しい薔薇の柄のパッケージに包まれた
この商品は、プロバンスの伝統的な製法で
作られた、植物由来のトリプルミルド石けん

シアバター配合で、ほのかに香る繊細な泡が
しっとりとやさしく洗い上げます。

パッケージの美しさや使い勝手のよさも
この商品の重要なポイントですが、
私が最もお伝えしたいのはその香り。

調香師により調合された芳醇な薔薇の香りが、
開封する前から鼻孔をくすぐります。

私は同シリーズのハンドクリーム
ボディーローションと一緒に贈っていますが、
好みの分かれにくいローズの香りだけあって、
いつでも とっても喜んでいただけます。

★パニエデサンス ローズ アイテム一覧

どなたにもお喜び頂ける上質な香りの贈り物。
門出の季節に、ぜひお役立てくださいね揺れるハート
posted by GPP at 17:00 | Comment(0) | さくら日記